エアコン取り付けの価格の決まり方について

エアコン取り付けの工事は価格が気になる方は多いでしょう。どのくらいの価格がかかるのかによって、工事をしてもらう際の費用が異なるからです。できるだけ余計な工事はしてもらわないで安い費用で工事をしたいという方が多いでしょう。そのような希望に応えてくれる業者はたくさんあります。ただし、エアコン取り付けの工事に関して知っておくべきことがいくつかあります。それを知らないと工事の価格についてトラブルになるかもしれません。

こちらではエアコン取り付け工事の価格について、どのような費用が含まれることになるのかを教えましょう。これから工事の見積もりをもらう際の参考にしてください。どのような費用が発生するのか理解しておきましょう。

標準工事

取付工事エアコンの取付業者は標準工事というサービスを提案しています。それが基本となり、もし必要であれば追加工事も対応していくということになるのです。そのため、まず見積もりをもらう際にはこの標準工事でどのくらいの価格になるのかに注目するべきでしょう。何が標準工事として含まれているのかは業者ごとに微妙に異なっているのですが、だいたいは同じような内容となっています。

まず室内機の取り付けをして、さらに配管類の取り付けをします。配管類については新品の配管パイプやドレンホース、連絡電線が含まれていることが多いでしょう。ただし、配管類は標準工事だと長さに上限があるため気をつけましょう。また、室外機の取り付けもしてくれます。その際には標準工事に土台となるプラブロックも含まれているでしょう。さらに真空引き施工をしてくれます。以上のような内容が標準工事に含まれているものです。

追加工事

標準工事では問題がある場合には追加工事を頼むことになります。こちらはオプション工事とも呼ばれていることがあります。そのままではエアコンを設置できない場合にオプション工事が発生するのです。たとえば電圧変更が必要となることがあります。エアコンのボルト数がコンセントのボルト数と合わないことがあるのです。この場合は工事しなければいけません。

室内機と室外機をつなぐためには配管類を通す必要があります。そのための穴があればそれを用いるのですが、もしないならば穴あけをしなければいけません。こちらもオプションとなっています。壁の材質によって料金が変わります。モルタルや石膏ボード、タイル、あるいは窓に穴をあけるというケースもあるのです。

配管を延長したい場合にもオプションがあります。標準工事の配管の長さでは届かない場合には延長しなければいけないでしょう。他にもさまざまなオプションが用意されています。たとえばカバーをつけてもらうことで外観を良くするためのオプションも存在しているのです。それぞれの希望に応じてオプションを選択しましょう。

見積もりをもらう

最終的にどのくらいの費用がかかるのかは見積もりをもらわなければはっきりしません。ただし、見積もりをもらう段階では現場をチェックしていないケースがあります。この場合は実際に工事を始めてもらってからオプション工事が必要になると分かるケースもあるのです。これによって追加料金が発生してしまい、それに不満を感じてトラブルになることが多いです。

このような問題を避けるには、見積もりをもらう段階でできるだけ詳しい環境を教えておきましょう。室内機や室外機を設置した場所がどのような環境となっているのかを正確に伝えておくのです。そうすれば必要なオプション工事を判断してもらうことができるため、より正確な見積もりをもらうことができるでしょう。あるいは自宅まで来てもらって、現場をチェックしてもらい、その上で見積もりを出してもらうということもできます。