エアコン取り付けで室外機について注意するべき点

エアコン取り付けでは室内機のことに注目している方は多いでしょう。しかし、実際にはエアコンというのは室内機だけではなくて室外機がなければ機能しません。室外機が冷風を生み出すことによって、エアコンは冷たい空気を出すことができるのです。暖房についても同様です。このように室外機はとても重要なものとなっています。

エアコン取り付けでは室外機の設置でトラブルになってしまうことがあります。追加で工事が必要となってしまうこともあるでしょう。室外機について悩んでしまうケースもあります。こちらではそんなエアコンの室外機について注意しておくべき点や知っておくべきポイントについてまとめました。エアコン取り付けをする際の参考にしてください。

室外機の設置場所について

室外機室外機というのはどこでも設置できるわけではありません。いくつかの条件が揃っていることが望ましいです。それは水平に据え付けることが可能であり、周りにはしっかりと通気スペースがあることです。さらに直射日光が当たらなくて、室内機と室外機の距離が近いことも重要です。そして雨ざらしにならないことです

このような条件がない場合であっても、さまざまな工夫をすることで設置することは可能です。たとえば天吊りするという方法はマンションでよく使われています。ベランダの天井に設置するのです。壁がけという方法もあります。あるいは屋根に設置するというケースもあります。室外機を2段に重ねて設置するというケースもあります。

このように室外機を設置する場所がなかったとしても、設置することは可能です。ただし、通常の方法以外で設置をする場合には工事費が余計にかかってしまうことがあります。別の部品や器具を用意しなければいけなくて、工事の工程も増えてしまうからです。

壁に穴をあける必要がある

室外機を設置する際には室内機とつながなければいけません。そのためには壁に穴を開ける必要があります。元々、エアコン用の穴が開いているならばそちらを利用すれば良いでしょう。しかし、そのような穴が開いていないケースもあります。この場合は、工事によって穴を開ける必要があるのです。壁に穴を開けることができなかったり、壁に設置することができないケースもあったりします。この場合は窓に穴を開けるという方法もあります。

見積もりを確認する

室外機の取り付けについては、特殊な取り付け方法も標準工事に含まれている場合もあれば、特殊なケースはオプションとして対応している業者もあります。これから業者を選ぶ際には、標準工事でどのようなケースの工事にまで対応できるのかをチェックしておきましょう。そして、見積もりの際には、エアコンを設置する環境について細かく説明しておくべきです。そうすれば、どのような設置方法が適切なのかを判断してもらえます。それを踏まえた上で見積もりを出してもらうことができるでしょう。

騒音に注意

室外機というのは部屋の中からは分からないのですがかなりの振動や音が生じるものです。これが隣人とのトラブルに発展してしまうケースもあるため注意しましょう。できるだけ隣家に音や振動が伝わらないような場所に設置するべきです。そのような位置を探してそこに配置しましょう。古いエアコンだと室外機がうるさいことが多いため、できるだけ最新のエアコンを購入するという方法もあります。

以上のようにエアコンの室外機というのはさまざまなポイントを知っておくことが大切です。室内機以上に環境を選ぶのです。業者はさまざまな方法を駆使してエアコンの室外機を設置してくれるでしょう。しかし、それによって工事費が高くなってしまうかもしれません。自宅ではどこに室外機を設置することができるのかよく確認しておきましょう。また、室外機の振動や音についても注意しておかなければいけません。近所迷惑にならないように配慮して設置場所を選びましょう。